amazonギフト券を現金化するならベストレート!90%買い取り依頼が自宅で完結!

ギフトカードの画像
amazonギフト券の現金化 初回90%
amazonギフト券の現金化
9.2
難易度 9.6 /10
お得度 9.0 /10
満足度 9.0 /10

amazonギフト券の現金化 特集!

百貨店のギフト券やビール券、株主優待券などは金券ショップで買い取って貰えますよね?
私もそれらはオークションサイト、フリマサイトで売買していますが、忙しくて面倒な時は金券ショップを利用しています。

でも今の時代はデジタル!
デジタルクーポンやデジタルギフトも増えています。

それらを現金化するには、いくつかのルートを経由したり、あるポイントサイトに登録が必要だったり、何かしらの電子マネーを持っていなければならなかったりなど、アナログ人間には難しいようです。
EPARKくすりの窓口の動画+アンケートでAmazonギフト券500円分ゲットなどのお得情報を実践してamazonギフト券がどんどん貯まるものの、ちゃんと使い切れない実家の両親を見てそう思いました。

わかりやすくすぐ現金化できる方法はないのか!?

そう言われた時におすすめは即金買取ベストレートです。
amazonギフト券の現金化に便利な電子ギフト券買い取り専門店です。



即金買取ベストレートとは!?

即金買取ベストレートは、amazonギフト券iTunesカードGoogle playカードwebmoneyAppleStoreギフトカードglee楽天スーパーギフトMobageモバコインカードDMMマネーカードなどの電子ギフトカードの買い取りサービスをWEBで行っているネットショップです。
様々なギフト券の買い取りに応じてくれます。

最短で15分で振込完了と、対応が早いのも魅力的です。
自宅に居ながら現金化ができてしまいます。

株式会社JapanFinTechが運営しています。
もちろんちゃんと古物商免許も取得しています。(東京都公安委員会第303311804161号)
URL:https://bestrate.tech/
TEL:0120-9801-573 / 03-6455-3925

amazonギフト券の換金レート

amazonギフト券は初回に関しては、90%という高換金率となっています。
2回目からは3000円以上~1万円未満が70%、1万円以上~10万円未満が86%、10万円以上は88%以上となっています。

正直、10万円以上というのは中々あり得ないかなと思います。
ということは、初回の90%での買い取りが以下に高レートなのかがお分かりいただけると思います。

初回買い取りを上手に使って高レートで換金するようにしましょう!

換金までの流れ

下記のページにアクセスしてお申込みフォームに必要事項を入力しましょう!
 ↓ ↓
https://bestrate.tech/application/

上記のフォームから送信する際、下記のいずれか1つの身分証のデータを添付する必要があります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート

完了するとベストレートより買取金額とギフト券の添付をお願いする内容のメールが届きます。
support@bestrate.techからのメールです。

確認できましたらギフトコードを送りましょう!
その際、カードタイプのものはギフトコードが記載された画像とギフトコードの入力が必要です。

そこまで済ませるとまたベストレートより、【ギフトコードが届いております。】という内容のメールが届きます。
後は【お振込完了メール】が届くのを待つだけです。

amazonギフト券の現金化 まとめ

amazonギフト券の現金化 重要なポイントを示唆する画像

使い道のない貯まってしまったamazonギフト券をなるべく手間なく現金化したいのであれば、ベストレートに買い取りしてもらうのが一番です。

その時には初回90%の買い取りを上手に利用しましょう!
指定の金融機関に振込みして貰えますが、手数料もかかりませんので持っているamazonギフト券×0.9が現金になります。

尚、振込先はゆうちょ銀行から楽天銀行、ジャパンネット銀行を利用しましょう!
こちらの3つの銀行であれば、24時間振り込みが可能だからです。

注意点は、買い取りに上限はないものの、下限があります。
1000円分以上からの買い取りとなるのです。

お小遣いブログのSNS登録もお願いします!

お小遣いブログのSNSへの「友だち追加」「フォロー」もお願いします。
いち早く最新情報をチェックすることができますよ!

↓↓友だち追加のお礼コメントでお得情報
LINEの友だち追加ページへmall_mamaをフォロー

先着無料案件などは、LINEやツイッターだけに配信することもあります。
ブログではご紹介できないような裏技的な案件もこっそりとLINEから配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です