飲食店の無断キャンセルは犯罪!偽計業務妨害で50歳代の男を逮捕

逮捕されるイメージ

居酒屋キャンセルで逮捕! 飲食店の無断キャンセルは犯罪

もーるママ
とくダネブログでは、芸能やゲーム・マンガ情報などのエンターテイメント情報の他にグルメ情報も配信しています。
ちなみに最近はRettyがメインでたまに食べログプレミアムサービステッパンを利用しています。

飲食店の画像

Retty(レッティー)と類似のサービスを比較しやすいように一覧でご紹介!食べログとテッパン、ぐるなび

2019年11月9日

そんな私だからこそ許せない飲食店に関するニュースが報じられていますので、深掘りしてみました!




居酒屋に予約して無断キャンセルをしたら逮捕

以前、居酒屋に予約をした男子大学生が無断キャンセルをして物議を醸したことがありますが、ついに逮捕者も出てしまいました!
居酒屋に予約をして無断キャンセルをすると、逮捕されて顔や実名が放映されることもあるという良い例になるかもしれません。

この手の被害に遭われた経験のある飲食店は多いと思います。
私は見せしめ逮捕厳罰を歓迎です!

無断キャンセルで逮捕報道の詳細

男子大学生と飲食店キャンセルとの違いは、容疑者が50歳代のいい大人であることと、予約をする際に偽名を用いていたということではないでしょうか。
読売新聞オンラインの記事を引用させていただきます。

【独自】偽名で居酒屋に17人分予約、無断キャンセルで逮捕居酒屋の団体予約を無断でキャンセルしたとして、警視庁丸の内署が11日、東京都内の50歳代の男を偽計業務妨害容疑で逮捕したことがわかった。無断キャンセルによる飲食店の損害が社会問題化しているが、容疑者が摘発されるのは珍しいという。

 捜査関係者によると、男は6月下旬頃、千代田区内の居酒屋に偽名を使って電話をし、1人1万円の食事コース計17人分を予約しながら、当日に来店せず、店の業務を妨害した疑い。「問い合わせの電話はしたが、予約はしていない」と容疑を否認している。

 この居酒屋の系列店4店にも、同じ日に8~20人分の団体予約があり、いずれも無断でキャンセルされた。いずれも同じ偽名で予約されており、丸の内署は当初から来店するつもりがなかったとみて、男との関連を調べている。

 近年、無断キャンセル被害は深刻化し、経済産業省の有識者勉強会のリポートによると、損害額は年間2000億円に上るとされる。

今回の逮捕のきっかけとなった居酒屋の他、系列店4店に嘘の予約をしたとのことなので、お店側と何らかのトラブルがあったのかもしれませんね!
そのため偽名を用いての予約になったのかもしれませんが、それが裏目に出ました。

偽名を使ったということが、偽計業務妨害の引き金の一つとなった可能性が高いと思われます。

偽計業務妨害とは

偽計業務妨害という言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
ライブドア事件の時に何度もテレビで流れていましたからね!

もちろん違反すると刑事罰です。
刑法233条において、「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」と定められています。

今回の容疑は偽計業務妨害とのことですが、もしかすると詐欺罪も適用されるのではと私は睨んでいます!
もちろん詐欺として立件されればもっと罪は重くなります。(10年以下の懲役
何事においても偽名を使うということは避けたいものですね!

ちなみに私はもーるママと名乗っていますが、飲食店で予約する際はきちんと実名を使っていますよ!

小林恒夫という実名も報道される悲劇

たかが飲食店の無断キャンセルごときで逮捕されるとは予想していなかったことでしょう。
それが顔を全国に晒すことになり、小林恒夫という名前までも繰り返し報道されることになるとは…。

当初は50歳代の男性と報じられていましたが、小林恒夫59歳とまで情報が出てしまっているので、もう悲劇以外の何ものでもありません。

しかも無職であるという情報と、偽名を使うも系列店も含め毎回同じ携帯番号というツメの甘さも露呈し、まるで生き恥を晒しているかのようです。

飲食店は電話じゃなく予約サイトの使用を推奨!

これを機に飲食店の予約はネット経由じゃないとできない!なんてお店が増えても良いですね!
そんな対応を取ったら一歩間違えると炎上なんて可能性もありますが、性善説に立ってお店を経営するのにはリスクが大きすぎる時代です。

最近では高齢者の方でもスマホを使っていますし、Pay決済をしたりもしています。
私は無理ではないような気もするんですけどね~。

実際、飲食店は電話で予約するよりも、予約サイトを経由してからという方がお得であることが多いです!
ほぼお金として使えるポイントが余計に貰えたり、時間を浪費しないので時間もお得という解釈もできます!

実際、寒い夜に予約した飲食店で食事をしている時に、何名かのお客さんが「〇名いるんだけど今入れる?」と店員に聞いて、「あいにく只今満席でございます。」と断られているやり取りを見ていると、無駄な時間を過ごしているな~と思ってしまうのです。

当ページの冒頭でもご紹介した飲食店予約サイトを活用しましょう!
無料で使えるところが多いですし、口コミもチェックできるのでハズレも引き難いです。

飲食店の画像

Retty(レッティー)と類似のサービスを比較しやすいように一覧でご紹介!食べログとテッパン、ぐるなび

2019年11月9日

飲食店の無断キャンセルは犯罪 ニュース深掘りまとめ

飲食店の無断キャンセルは犯罪 重要なポイントを示唆する画像
最後にご紹介した飲食店予約サービスの中には実名で登録することで使えるRettyというサービスがあります。
こちらは予約も口コミの投稿も実名です。

このようなサービスがもっと普及すれば、飲食店の無断キャンセルは限りなくゼロに近づくはずです。
実名で予約をしていれば多少のリテラシーに欠けている方も、逃げると後が面倒ということでキャンセルが必要になった際も連絡をすると思いますので、被害を極力抑えることができます。

飲食店を利用する際はRettyを筆頭に必ず予約サイトからという私は今回の飲食店の無断キャンセル事件を深堀りせざるを得ませんでした。

芸能とくダネBLOGのSNS登録もお願いします!

芸能とくダネBLOGのSNSへの「友だち追加」「フォロー」もお願いします。
いち早く最新情報をチェックすることができますよ!

↓↓友だち追加のお礼コメントでお得情報
LINEの友だち追加ページへmall_mamaをフォロー

先着無料案件などは、LINEやツイッターだけに配信することもあります。
ブログではご紹介できないような裏技的な案件もこっそりとLINEから配信しています。

こちらも読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です