SNSに溺れる女たちをブッコミで無料立ち読み!あらすじネタバレ!!

BookLiveコミックのイラスト
SNSに溺れる女たち 試し読みは無料
SNSに溺れる女たち
9.1
ストーリー(あらすじ) 9.6 /10
絵のレベル 9.2 /10
ネタバレ 8.9 /10
感想 10.0 /10
ブッコミ指数 8.0 /10

今の時代だからこと読むべき電子コミック! SNSに溺れる女たち

私はブログに依存している日々ですが、私の周りにはSNSに依存している人が多いです。

ランチ会でも食べる前に必ずインスタ
みんなでお茶している時にもツイート

ちょっとマナーがと思いつつも、私もスマホからブログを更新することが多くなって来たので注意する資格はありません。

そんなSNSに溺れつつある最近の女子を描いたコミックがめちゃくちゃ面白いです。
登場するのは皆、SNSに溺れている女性たちです。

何しろ漫画のタイトルが「SNSに溺れる女たち」ですからね!
ちなみに一般漫画なので、年齢に関係なく読めます!
無料立ち読みができますので気になる方は早速どうぞ!

SNSに溺れる女たちとは!?

異なるタイプのSNSに溺れる女たちが大集合しているコミックの概要が下記の通り公開されています。

「キラキラしたい」「私は特別」SNSにハマった女たちが迎える“最後”とは――?
大手企業に就職が決まった女子大生は友人に過去の悪行をさらされ、仕事一辺倒だったOLは自撮り写真を加工してマッチングアプリにのめりこむ。さらに大勢のフォロワーを抱える女子は、「いいね!」欲しさに他人の投稿をパクリはじめ……。SNSが招くトラブルを3本収録したオムニバス短編集。

ジャンルとしてはヒューマンドラマなのですが、SNSがすごい勢いで利用者を増やしているのでその内、SNSマンガというジャンルができるかもしれませんね!
私の中では、SNSに溺れる女たちというコミックはSNSマンガです。

SNSに溺れる女たちをブッコミで無料立ち読み!

SNSに溺れる女たちは電子コミックなので、大手の電子コミックスタンド、例えばBookLiveコミック‎(ブッコミ)BookLive!まんが王国などで読むことができます。

この中で私のオススメは、テレビCMでもお馴染みの最大手、ブッコミです。
ブッコミならアプリのダウンロードは不要ですし、かなりの分量を無料立ち読みできるからです。

SNSに溺れている女たちを少しずつ楽しめます。
それぞれ冒頭部分だけなので、完全ネタバレではありません。
少しずつネタバレする感じです!

いきなり購読する前に無料立ち読みという名の試し読みをしておきましょう!
ポイント消費して損をした!ということを防げます。

是非、下記から「無料立ち読み」をしてみてください。
こちらからどうぞ!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://sp.handycomic.jp/

SNS女たちの本編が気になったら月額登録!

SNSに溺れる女たちを試し読みしてみて、続きが気になったという方は、月額コースに登録しましょう!
最安値は月額300円で324pt付与されるコースですが、SNSに溺れる女たちの1巻を購読するには432ptが必要です。
そのため毎月540pt付与される月額500円コースをオススメします。

残ったポイントで他のコミックを読むこともできますし、残しておいて次月に繰り越しということもできます。
もちろんポイントを使い切って1ヶ月で解約しても構いません。

「青咲るそう」と「ほの香」がSNSに溺れる女たちの作者

SNSに溺れる女たちは供書です。
青咲るそう先生ほの香先生が共同で描いています。

SNSに溺れる女たちテイストのコミックが読み択なった場合は、二人の先生の作品を読みましょう!
それぞれ下記でご紹介します!

青咲るそう電子コミック一覧

青咲るそう先生が描いた電子コミックの一覧を下記にまとめました。
SNSに溺れる女たち以外の作品です。

  1. SNSに囚われた女たち
  2. サニー/32
  3. サニー/32【合本版】

ほの香電子コミック一覧

ほの香とは、もしかすると青咲るそう先生の個人サークル名なのかもしれません。
なぜならほの香先生が描いた全2作品は、青咲るそう×ほの香だからです。

「SNSに溺れる女たち」と「SNSに囚われた女たち」です。

気になる作品があった方は、下記をクリックして無料立ち読みしてみてください!
いずれもブッコミで無料立ち読みが可能です。

※上記をタップするとブッコミというコミックスタンドのTOPページへ変遷しますので、ページ上部にある検索窓に読んでみたい作品名を入れてみてください。対象コミックが表示されます。その対象コミックをタップして無料立ち読みを開始してください。

SNSに溺れる女たち ブッコミまとめ

SNSに溺れる女たち 重要なポイントを示唆する画像
ブログに溺れる主婦が、SNSに溺れる女たちを読んで「自分はここまでは痛くないな~」と思ってちょっと安心したという感想をブログに書かせていただきました。
そして痛い女性を見て我がふりも直そうと思う今日この頃です。

ブッコミには男性向けのオトナ青年マンガだけでなく、このようなちょっと変わった一般漫画もたくさんあります。
良い本と出会えるホント良いサイトなので是非、皆さんもフル活用してみてください!

お小遣いブログのSNS登録もお願いします!

お小遣いブログのSNSへの「友だち追加」「フォロー」もお願いします。
いち早く最新情報をチェックすることができますよ!

↓↓友だち追加のお礼コメントでお得情報
LINEの友だち追加ページへmall_mamaをフォロー

先着無料案件などは、LINEやツイッターだけに配信することもあります。
ブログではご紹介できないような裏技的な案件もこっそりとLINEから配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です